マタニティーライフを楽しもう

妊娠をしますと、女性は身体の変化がかなりありますので、精神的にも、またつわりであったり、不調になることも多いのです。
なんとなく憂鬱になってしまったり、マタニティブルーという言い方をするのですが、妊娠を経験されている女性であれば1度はそうではないかと思ったことがあるのではないでしょうか。
しかし、お腹に赤ちゃんがいるというのは、とても神秘的な事ですし、10か月間の期間限定です。
大きくなってきますと、お腹を内側からけられる感覚であったり、しゃっくりをしていることも感じることができます。
とても貴重な経験だったと出産後に思われている方もたくさんいます。
最近では、マタニティフォトといって、妊娠中のママ、またパパも一緒に写真スタジオで撮影をするというケースも増えています。
思い出になりますし、生まれてくる赤ちゃんへのプレゼントにもなります。
ママに優しく無理のないプランで写真撮影をしてくれますので安心です。
妊娠時には、色々な制限もありますし、食事の面でも太りすぎないようにカロリーであったり、塩分も気を付けなければなりませんので、ストレスもたまりがちです。
しかし、その時しか体験できないこともたくさんありますので、マタニティライフを楽しみましょう。

マタニティーハラスメント 妊婦は本当に邪魔なのか?

昨今、マタニティーハラスメントいわゆるマタハラというワードがメディアをとびかっているのは皆さんもご存知でしょう。
マタハラには様々なケースがありますが、妊娠出産のご経験がある方なら誰しもがおそらく経験したであろう、公共機関でのケースについて今回はお話したいと思います。
最も、通勤満員電車において、妊婦が優先座席に座っていることは社会的になんら問題はありませんが、中にはそれを疎ましく思う人々もいるようです。
私が耳にした話では、優先座席に座っていた妊婦の前に立っていたご老体が「たかだか妊娠しているだけだろう」と、野次を飛ばしたそうです。
また、ベビーカーを押した女性が、電車に乗ろうとすると舌打ちをされた、など一見すればとてもショッキングな内容が多く、社会は妊婦を一方的に邪魔者扱いしているように思います。
しかし、これらは少し別の角度からみてみると、この世の中が極悪の世界ではないことが浮かばれるのです。
それは、妊婦の母親としての目線の問題です。
つまり、母親として自分の子供に最善の環境を用意してあげられるかを最優先している妊婦もしくは乳母は、そもそも満員電車に乗らなければならないような状況に置かれないはずなのです。
今現在妊娠されている方、実際にマタハラに遭っている方、公共機関におけるマタハラは、母親であるあなたの、お子様に対する最善を尽くした考え一つで、嫌な思いをしなくて済むかもしれません。

pickup

コモンシェア株式会社のシェアハウスは、保証人(保証会社)不要、入居費用も格安なので女性が安心して利用できます。空室情報もどんどん更新しています。

シェアハウス 女性

「餃子の街」浜松で選ばれ続ける石松餃子の味

浜松 餃子

腕時計の高価買取は、宝石広場にお任せください!

ロレックス パーペチュアル 買取

最終更新日:2017/7/13

『マタニティ 』 最新ツイート


Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/ohy5r2zs/zahnmcclarnon.com/index.html on line 94

Copyright (C) 2015 「マタニティを考える」All rights reserved.