マタニティ中の運動の必要性

マタニティ中に運動することは、母体と赤ちゃんの安全に十分に注意が必要ですが、妊娠中の不快症状や腰痛の緩和、過剰な体重増加の防止などメリットも多いため積極的に取り入れることが必要といわれています。
妊娠16週以降の胎盤が完成した安定期から、妊娠35週までの間は、つわりも落ち着く人が多く、落ちてきた食欲も増すため体重増加が急激に起こる人も多くいます。
また赤ちゃんが大きくなるにつれてお腹も大きくなってくるので、腰痛や便秘など身体の不快症状も増えてきます。
なので、この時期に適度な運動を心掛けることで、そのような不快症状を改善することができるのです。
基本的には母体にとって安全で快適なものであれば制限はありません。
しかし、激しい動きのあるものは避けましょう。
マタニティに適しているのはスイミングやヨガ、ウォーキングなどです。
適度な有酸素運動は全身の血液のめぐりをよくし、妊娠中によく起こるむくみなどを防止してくれます。
もしお腹が張ったり、気になる症状が現れたら無理はせずに中止し医師に相談することも大切です。

適度な運動で楽しいマタニティライフに

妊娠中の過ごし方として、母体となる自身とおなかの赤ちゃんを大事に思うあまり、家の中で過ごしている事が多くなってしまっている方も多いでしょう。
しかし、適度に身体を動かしていく事で、妊娠中のつらい症状が緩和されたり、必要な筋力を維持出来る事で、腰痛などの予防にもつながります。
食べるばかりで身体の代謝が不足すると、糖尿病などの原因にもなりかねませんので、無理の無い範囲ではありますが、身体を動かす事を意識してみましょう。
妊娠中に出来そうな運動として簡単なところでは、あまり大きく移動せずにその場で出来るヨガや自分のペースで歩けるウォーキング、妊婦さん向けにアレンジされたマタニティ体操などが挙げられます。
ですが、たとえ簡単ではあっても、始められる際には医師などに相談して安全に留意してから行ないましょう。
また、身体的な効果とともに、妊娠中の不安やストレスの軽減、独りではなく妊婦仲間と一緒に行なう事で、精神的にも良い効果が得られる事も期待出来ます。

check

美容整形外科

Last update:2017/7/20

『マタニティ 運動』 最新ツイート


Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/ohy5r2zs/zahnmcclarnon.com/undou.html on line 84

Copyright (C) 2015 「マタニティを考える」All rights reserved.